新人看護師として外科に就職!でも時間外労働が多すぎて…ダウン後に転職

新人看護師として外科に就職!でも時間外労働が多すぎて…ダウン後に転職
smile
お悩みナース

今回は[20代前半女性]の転職お悩みエピソードです

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

新人看護師として外科に就職!でも時間外労働が多すぎて…ダウン後に転職

希望を持って就職したはずが…過労でダウン

私は看護師免許取得後、新人看護師として総合病院に就職しました。
そこはとても有名な病院でしたので、やるきは満々!希望に満ち満ちていました。
だけど就職して配属されたところが外科病棟だったのです。

いきなり大丈夫!?新人看護婦が配属されたのは心臓外科!

外科ですから、手術が多く緊急入院ももちろん多いのです。
周囲のみんなはそんなところに配属して、大丈夫かなどと口々に言っていました。
ただ私はもともと整形外科を希望していたので、いちおう希望どおりではあったのですが…。

ところが配属されたのは「心臓外科」でした。

smile
お悩みナース

なんと、1年目から心臓外科!

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

整形外科と心臓外科、外科は外科でもまったく違います。
心臓外科は毎日残業も多く、その上に新人としてこなす必要のある研修もたっぷりあります。

その上、研修を受けると、その後にレポートを提出することになっているのです。
仕事と研修と残業で、毎日帰宅をするのは22時頃になっていました。

案の定、残業残業の日々

早く帰ることもできるのですが、要領がうまくつかめず仕事ではいつも遅くまで記録で残っていたのです。
あとちょっと、あとちょっと…迷惑をかけられないし、今がんばらないと…
とにかく気合いだけで毎朝起き、気力を振り絞って残業をしていました。

でも、そんな事を繰り返していると、若いといってもやっぱり体が悲鳴を上げてしまいます。

私は就職して3ヶ月後に、倒れてしまったのです。

倒れた後、もう繰り返してはいけないと転職を決意。その時の母の言葉

体重も減り、やつれていく…

体重は、就職した時よりも5kgも減っていました。
お休みをいただいたけれどとにかく体がだるくて、ベッドでぐったりと眠るだけの日々…。
でも勉強しないと、という焦りは募ります。

smile
お悩みナース

ずっと忙しかった分、なにもしていないと不安になるんですよね…

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

しばらくまとまった休みをもらったことで、いったんは回復して復帰出来ましたが…。
やっぱり今後も倒れるかも知れないと思い、転職をすることを決断

転職を決めたものの…1年目の転職に罪悪感

希望に満ちた就職からたったの3か月でダウン
そして4か月目に辞めることに対して罪悪感というか、情けなさというか、とにかく惨めな気持ちになりました。

どうにも辛くて、試験勉強を応援してくれて、大きな病院への就職を喜んでくれた母に泣きながら謝ったところ、
シロクマがハワイで生きていけないように、人には合う場所と合わない場所がある。やつれていく姿を見る方が辛いよ。私のためにも、転職を決断してくれてよかった
と優しく背中を撫でながら言われました。
私が思わず俯いてしまうと「小説の受けうりだけどね」と笑う母。

転職は母のためでもある?前向きに転職活動

その言葉でなんだかわだかまりがほどけて、私は転職に前向きになれました。
そっか、転職は母のためにもなるんだ…と、ある意味、肩の荷を少し持ってもらえたというか。

看護師向け転職サイトへ登録し、質問責め。個人医院へ転職

私に合った病院を探せた!

今回は業務過多にならないよう、しっかりと転職エージェントに相談しながら就職を進めました。

新人の研修はどのように行っているか、シフトは、年齢層は…。
不安な気持ちだったので、たくさん質問や希望を上げてしまいましたが、エージェントの方はすべて真摯に調べてくれました。

その結果、転職をしたのは、個人病院です。
有名な大病院のように「どうだ!」と胸を張れるわけではないですが、そこは残業もそんなにないので体をじっくりと休めることができています。
でも少しずつ、看護師としてのスキルを積み重ねているという実感とともに働けていると思います。

smile
お悩みナース

転職者さんに合った病院が見つかってよかったです!
続けるのが辛くても、「すぐに辞めるなんて情けない…」と思っちゃうことありますよね。
たしかに、同じ環境で頑張った先に得るものもあるかもしれません。でも、得たかわりに失うものを考えた時、それが大切なものであれば転職をした方がよいと私は思います。
例えば、看護師としての情熱や、健全な心身など。健康を損ねてしまうと、心もどんどんくすんでいってしまいます。
それを失うくらいなら…いちかばちか、早めに環境を変えるのはまったく間違いでないと思います。
転職成功、おめでとうございます!

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

お悩みカテゴリの最新記事