転職する時に、あなたは向いていないと断言された体験談

転職する時に、あなたは向いていないと断言された体験談
smile
お悩みナース

今回は[40代・女性]のお悩みエピソードです

なにをもって「向いていない」と断言!?今でもショックな転職時の一言。

潜在看護師だったけど、転職活動を開始

重い腰をあげての復職

私は子どもを出産する前に、それまで勤めていた病院を退職。
そして約5年間潜在看護師でした。
子供がすこし大きくなったら働きたいと思っていた私は、やっと重い腰を上げて転職(復職)活動を始めました。
そこで地元で、通勤も便利な場所に求人を出しているところを見つけたのです。

smile
お悩みナース

子どもが少し成長すると、復職したくなりますよね

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

看護師としての復帰にいきごみ

その病院に連絡し、病院見学と面接の日を決めました。
5年ぶりの病院への復帰なるか!
ということで緊張しながら面接に挑み、そこで予想外にショックなことをいわれたので、ご紹介しますね。

病棟勤務よりは外来。希望を伝えたところ、ショックな一言が!

都合上、夜勤はできないのです

私は子どもがいる為、夜勤のある病棟勤務よりは、外来勤務が希望でした。
この病院で日勤のみの勤務が出来る所は、外来、そして透析室だったのですね。

面接のときに夜勤はできないということをはっきり伝えました。
すると医師から、とある一言。
私はとてもショックで、私の看護経験を否定されたかのような感覚を覚えました。

どうして言い切れるの?

その言葉というのは、履歴書を見て一言、「あなたは透析は経験がないし、向いていないわね」ということでした。

smile
お悩みナース

なかなかズバッといいますね…

看護師、准看護師、保健師、助産師の求人・転職は【看護のお仕事】

これまでは経験のないことも仕事を覚えさえしたら、こなすことが出来ていました。
なので私は今は経験がなくても、慣れてきたら出来ると思っていたのです。
それが向いていないと一言で片づけられたので、大変なショックでした!

蓋を開けてみれば、先方都合の言葉だった…。

今でも心に残る衝撃

あとからわかったことは
・結局病棟にスタッフが欲しかった
・透析はスタッフが既に充実していた
ということでした。
それなら「向いていない」なんてひとくくりにせず、別の言い方があったのでは?
今でもそう思って少しショックな自分がいます。

smile
お悩みナース

病院都合であれば、そう言ってほしいですよね。
転職時期はデリケートな状態ですし、理不尽な言葉はやめてほしいものです…

お悩みカテゴリの最新記事